水泳ドライランドトレーニングの方法

こんにちは、ブログ作者の康介ですよ。前回は、クロールの筋トレ法ということで、ダンベルプルオーバーやトレーニングチューブを使った筋トレ方法を紹介してみましたが、実践してみた人はいますかね。今日も水泳の陸上トレーニングについて話そうと思います。プールの練習ではなく、ドライランドトレーニングの方法ですね。

クロールでは、手で水をかくことで、前に進むための推進力を生みます。水泳で水をかく動作をストロークといいます。水をキャッチして、プルからプッシュの動作で前に進みます。クロールでバタ足のキックとストロークでは、ストロークのほうが推進力を生み出します。クロールが速く泳げるようになるコツはストロークの強化にあるのです。クロールのキックは補助的に行い、ストロークのフォームを見直したり、筋トレでパワーや持久力やスタミナをつけたほうがいいのです。筋力を強化することで怪我の予防にもなりますからね。あとは、水泳のフォームが安定させるために、体幹の強化もしておきたいですね。

ドライランドトレーニングの方法を詳しく学ぶには、日体大の水泳部コーチを務める藤森善弘のDVD教材がおすすめです。藤森善弘のドライランドトレーニングは、水泳のための陸上トレーニング方法を収録しているので、ある程度は泳げる人を対象にしていますが、小学生から年配のスイマーまで対応しているようです。もちろん、マスターズスイマーにもおすすめです。

藤森善弘のドライランドトレーニング公式サイトによれば、競泳でスピードアップするために、泳ぎ込むよりも重要な陸トレの方法があるようです。クロールのタイムを縮めたいという人はDVDの購入を検討してみるのもいいと思います。

ここからは、水泳と関係ない話です。今度、東京ラブストーリーが再放送されるそうです。東京ラブストーリーなどの過去のドラマ作品は、レンタルDVDやVODで見ることが可能ですが、テレビで再放送されるとなると見たいですね。テレビは無料だからとかいう話ではありませんよ。東京ラブストーリーを見たことがない人は、ぜひチェックしてみてください。話が脱線しましたが、ドライランドトレーニングの方法について書いてみました。