競泳でベストタイムを更新する方法

こんばんは、今日もブログ作者の康介が競泳に関するトピックをお届けします。先日は、水泳ドライランドトレーニングの方法というテーマで記事を書きましたが、参考になりましたでしょうか。

水泳の練習は、プールでやるものと思われがちですが、陸上でのトレーニングも大事です。陸トレの内容としては、主に筋力トレーニングになります。大胸筋などの大きな筋肉を強化したり、フォームの安定化を図るために、バランスボールを使って、体幹を鍛えたりします。

ストリームラインやフォームが安定しないと、水の抵抗で推進力にブレーキがかかってしまいます。当然のことながら、減速や失速してしまうので、タイムも伸びません。安定したフォームのストロークで、推進力を無駄にせず泳ぐことで、自己ベストタイムを出すことができます。これは、クロールにかかわらず、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライにも共通します。

ある程度、タイムが伸びたら、なかなか自己ベストが更新できなくなることがあります。インターバルを調整して、泳ぎこんでも成果は得られないでしょう。そういう場合は、藤森善弘の水泳ベストタイム更新プログラムがおすすめです。

前回の記事では、藤森善弘の水泳ドライランドトレーニング教材を紹介しましたが、自己ベスト更新のための競泳教材も販売されているのです。さすが、日体大水泳部のコーチだけはあります。水泳ベストタイム更新プログラムは、2軸泳法を学ぶ水泳教材です。2軸泳法は、藤森善弘が考案した泳ぎ方で、4泳法に使えるので、どのようなスイマーにもおすすめできるDVDです。

タイムが伸び悩んでいる人は、藤森善弘の水泳ベストタイム更新プログラムにて、2軸泳法を学んでみるといいですよ。最近は、スポーツ界の不祥事が相次いで発覚して、ニュースになっていますね。直近だと、駅伝が話題になりました。

この流れは近い将来、水泳にも飛び火するかもしれないと危惧しております。2020年には、東京オリンピックもあることですし、水泳界には何事もないことを祈るばかりです。

水泳ドライランドトレーニングの方法

こんにちは、ブログ作者の康介ですよ。前回は、クロールの筋トレ法ということで、ダンベルプルオーバーやトレーニングチューブを使った筋トレ方法を紹介してみましたが、実践してみた人はいますかね。今日も水泳の陸上トレーニングについて話そうと思います。プールの練習ではなく、ドライランドトレーニングの方法ですね。

クロールでは、手で水をかくことで、前に進むための推進力を生みます。水泳で水をかく動作をストロークといいます。水をキャッチして、プルからプッシュの動作で前に進みます。クロールでバタ足のキックとストロークでは、ストロークのほうが推進力を生み出します。クロールが速く泳げるようになるコツはストロークの強化にあるのです。クロールのキックは補助的に行い、ストロークのフォームを見直したり、筋トレでパワーや持久力やスタミナをつけたほうがいいのです。筋力を強化することで怪我の予防にもなりますからね。あとは、水泳のフォームが安定させるために、体幹の強化もしておきたいですね。

ドライランドトレーニングの方法を詳しく学ぶには、日体大の水泳部コーチを務める藤森善弘のDVD教材がおすすめです。藤森善弘のドライランドトレーニングは、水泳のための陸上トレーニング方法を収録しているので、ある程度は泳げる人を対象にしていますが、小学生から年配のスイマーまで対応しているようです。もちろん、マスターズスイマーにもおすすめです。

藤森善弘のドライランドトレーニング公式サイトによれば、競泳でスピードアップするために、泳ぎ込むよりも重要な陸トレの方法があるようです。クロールのタイムを縮めたいという人はDVDの購入を検討してみるのもいいと思います。

ここからは、水泳と関係ない話です。今度、東京ラブストーリーが再放送されるそうです。東京ラブストーリーなどの過去のドラマ作品は、レンタルDVDやVODで見ることが可能ですが、テレビで再放送されるとなると見たいですね。テレビは無料だからとかいう話ではありませんよ。東京ラブストーリーを見たことがない人は、ぜひチェックしてみてください。話が脱線しましたが、ドライランドトレーニングの方法について書いてみました。

クロールの筋トレ方法

どうも、ブログ作者の康介です。土日は仕事が休みなので、スポーツジムのプールで、クロールの泳ぎこみを行っていました。水泳やマラソンのような競技では、継続が大事になってきます。筋力以外にも、心肺機能を維持する必要があるからですね。しばらく間が空いてしまうと、身体がキツく感じます。そういう場合は、無理をせず取り組むのがいいでしょうね。

さて、今日の記事はクロールの筋トレ方法というテーマで書いてみようかと思っています。クロールのスピードアップを図るためには、筋力トレーニングが必要ですが、どのような筋トレ方法がクロールに効果的なのかという話です。水泳のための筋トレは、プールでなくてもできるので、自宅でも実践可能なのがメリットです。水泳の陸上トレーニングは、ドライランドトレーニングという呼称もあるくらいです。

クロールで鍛えたい筋肉は、ストロークを強化するための大胸筋と広背筋になります。簡単に言えば、胸と背中の筋肉です。縦方向に水をかくために使われる筋肉ですね。大胸筋と広背筋を鍛えるためには、ダンベルプルオーバーが有効です。

ダンベルプルオーバーの筋トレメニューとしては、15回を1セットとして、3から5セットをこなしています。水泳のための筋トレでは、あまり重量を重くせず、回数をこなすようにするのがコツです。ダンベルプルオーバーでは肘の角度で負荷がかかる筋肉を変えることができます。肘の使い方がダンベルプルオーバーのポイントなのです。

ちなみに、ダンベルプルオーバーの動きは、トレーニングチューブでも可能です。ダンベルや鉄アレーを持っていない場合は、トレーニングチューブを購入するのもありだと思います。トレーニングチューブなら価格も安いですし、収納も簡単なので、筋トレ初心者には、おすすめの筋トレ用品です。今日は、クロールの筋トレ方法について書いてみました。参考にしてみてくださいね。

水泳がおすすめ

こんばんは、ブログ作者の康介です。今回はブログ初記事ということで、簡単に自己紹介をしたいと思います。アラサーの独身で、都内の会社に勤めています。仕事は普通の事務職なので、体が鈍ってしまいますから、エクササイズとして、水泳をしています。会社帰りにスポーツジムのプールで泳いでいるのです。水泳は得意なほうですが、趣味程度でやっているので、専門的な知識や正しい練習方法を知りません。これから、勉強しないといけないと思っています。しかも、クロールと平泳ぎ、背泳ぎはできますが、バタフライはできません。

家では主に自重トレーニングに励んでいます。自分の体重を利用した腕立て伏せなどの筋トレですね。自重トレーニングは道具が要らないので、家でもできるトレーニング方法です。水泳のための自重トレーニングとボディビルの筋トレは別物ですから、方法や理論をしっかり学び、混同しないようにしたいところです。水泳といっても、プールで泳ぐだけでなく、陸上でのトレーニングやストレッチの手法もあり、奥が深いのですよ。

みなさんも、普段は運動をされていない方には、水泳をお勧めします。道具も限られており、費用的にも安いので、初心者向けのスポーツです。水泳は水の浮力があるので、足腰に負担がかかりずらいです。ジムのプールにはシニアの方もたくさんいます。シニアというのは年齢でいうと、60歳以上ですかね。高血圧や糖尿病などで、医者に運動を勧められているのかもしれません。やはり、大人になってからも適度な運動は必要ですよ。水泳に関しては、次の記事で詳しく書きますね。